リロード  :: M E N U   新規  編集  差分  添付   トップ  一覧  検索  最終更新  バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
 

九娯貿易

1955年創業の老舗メーカー。元々、ゲームセンターへの筐体の販売・賃借等を行っていた。
1976年にプライズゲームを製作し、1981年にアクションゲーム「フラッシュギャル」で参入している。
ソフトラインナップ自体はそれほど多くは無いが、強烈な個性を有する「忍者COPサイゾウ」のメーカーとして知られる。
STGではリパルスS.R.Dミッションと、忍者COPサイゾウとは相反する非常に地味なランナップばかり。
しかし完成度は非常に高い傾向にある。
と言うのも、東亜プラン設立前、オルカが倒産している時に上村 建也を初めとするスタッフが一時期在籍していた事がある。
しかし在籍と言うのも少しおかしなもので、この頃旧オルカスタッフはクラックスと言う会社を立ち上げていたはずである。
おそらく、クラックスと共同制作という形を取ったのだろうと思われる。そこで自社スタッフの技術を上げた。そうすれば、S.R.Dミッションの完成度の高さも納得が行かないわけではない。
最も、単なる推測の域を出ないのだが。
1991年のスーパーエアーウルフを最後にソフトウェア開発から撤退、1998年に倒産した。

PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17