リロード  :: M E N U   新規  編集  差分  添付   トップ  一覧  検索  最終更新  バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
 

レイストームHD

X-box360/PS3リリース2010開発タイトー販売スクウェア・エニックス

概要

レイフォースの続編、レイストームをHDリマスターしたもの。横画面任意横強制縦スクロール縦STG。
媒体はXboxLiveArcade?及びPlayStationNetwork?で、実体は無い。アーケードからのシステム周りはベタ移植ではなく、PS/SS移植版も内包している。
他にも、グラフィックが綺麗になっただけでなく、BGMもアレンジして一新されている。人によっては要らぬお世話。
タイトーが同年3月にスクウェア・エニックスの完全子会社になったが、タイトーブランドは残されている。
元々2009年に配信される予定だったが、延期に次ぐ延期を重ね、タイトーの吸収もあって発売が絶望視されていた事も。
STG作品の多い二つのハードに登場している事から、プレイはしやすい。余談だが、レイフォースはHD化していない。

システム

8方向レバー+2ボタン 残機制その場復活

  • ゲーム開始時、マニュアルモードとオートモードを選択する。
  • 機体選択システム。R-GRAY1とR-GRAY2から選択する。
    • R-GRAY1
      • 前作と殆ど同じ性能の機体。新システムに対応している分、強化されていると言える。
    • R-GRAY2
      • メインショットが切れ目の無いレーザーの機体。最大で16体までロック可能。ロックオンレーザーが一本の電撃で、複数ロックオンしていると撃破に時間がかかる。
    • R-GRAY0
      • レイフォースの機体。レイストームPS版と異なり、より前作のX-LAYに近いデザインになっている。ハイパーレーザーと全画面ボム(スペシャルアタック)が無い。
    • R-GEAR
      • レイフォースの続編として企画された没タイトルの機体。ショットが誘導し、ロックオン回数に上限がなく、ゲージ制になっている。しかしハイパーレーザーが無い。
  • ショットボタンでショット。
    • アイテムを取得する事で性能が上昇する。
    • オートモードではロックオンしていればレーザーも同時に発射される。
  • 自機前方にロックオンサイトがあり、ロックオンサイト内に入った敵を高度に関係なくロックオンする。
    • レーザー発射ボタンでロックオンレーザーを発射。ロックオンした敵を攻撃する。
      • この攻撃は外れない。
      • オートモードではショットボタンでレーザーが同時発射される。
    • 同時ロックオン可能対象数は機体によって異なる。アイテム取得でその数は増えていく。
    • レーザーは通常のショットよりも威力がはるかに高い。
    • ロックオンしていない状態でボタンを押すとレーザーが前方に飛んでいくが、このレーザーに攻撃判定は無い。
    • 破壊可能な対象は攻撃してくる敵に限らず、ロックオンできるならば地形物も破壊できる。
    • 同一対象に全てロックオンを重ねた後、レーザーを発射するとハイパーレーザーとなり、通常以上(8倍、16倍以上)の威力が出る。
    • R-GEARの場合、ボタンを押している間だけゲージを消費してロックオンサイトが表示される。ロックオンすると、ビットのようなものが、敵の近くに出現し攻撃し消滅する。同時に多数ではなく、ロックオンした順に、出現攻撃消滅を繰り返すので、複数ロックオンしていると撃破に時間がかかる。
      • ボタンを離し、ロックオンした敵への攻撃全てが終わるとゲージが回復しはじめる。
      • ゲージを全て使い切るとオーバーヒートのような状態になり、数秒間ゲージが回復しなくなる。
      • スペシャルアタックを使うと、ゲージが全回復し、スペシャルアタック中は、ロックオンサイトを表示していてもゲージが減らない。
  • ショットボタンとレーザーボタンを同時押しする事で全画面ボム(スペシャルアタック)を使用できる。
    • オートモードではレーザーボタンで発動する。オートモードの方が幾分使用しやすい。
    • スペシャルアタックは、ロックオンレーザーで攻撃するとたまるゲージを利用するので、連続使用はできない。
    • スペシャルアタックは一定時間無敵になるが、敵の弾を消す効果は無い。

Tips

  • 画面比率が4:3から16:9に引き伸ばされている。

外部リンク

PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17