リロード  :: M E N U   新規  編集  差分  添付   トップ  一覧  検索  最終更新  バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
 

ボム

英: bomb (弾消・全画面型は smart bomb)

ボム。爆弾のこと。

シューティングゲームではノーマルショットとは別系統の特殊攻撃を指し示すことが多く、かならずしも爆弾でない場合もある。とりわけ今日では即効性の弾消し・無敵の効果を持つものを指すのが一般的となっているが、発生する効果{攻撃判定・無敵・弾消}の有無と発生のタイミング{即効性/遅効性}によって大まかに分類することができる(効果範囲と持続時間を加えるとより細かく分類できる)。

1レバー2ボタンのインターフェースで各ボタンにノーマルショットとボムを割り振ったシューティングは俗に「ショット・ボム方式」と呼ばれており、90年代以降は縦シューティングの基本形となっている。特に80年代には2ボタンの割り振りが空中ショットと地上ショットが主流であったことと比較すれば、ショット・ボム方式はシューティング史のひとつの転換点として見ることができる。

また、シューターたちのあいだでは、美学的理由に基づきボムをケチる一方で、ボムを残したまま撃墜されることを「抱え落ち」と呼んで深く後悔するというアンビヴァレントな性向がしばしば見受けられる。ボム撃つや撃たざるやの駆け引きはシューティングゲームのひとつのプレイヤビリティ、あるいは哲学的命題となっているとさえ言えるだろう。

ボムの分類例

  •  雷電ボム
    攻撃判定 ○ / 無敵 × / 弾消し ○ / 遅効性
    ボムボタンを押した後に間をおいて一定範囲内に威力の高い攻撃判定が発生し、その範囲内において弾消しの効果があるもの。発動までに時間があるために緊急回避としての用途には向かず、戦略的な用途が想定されている。(例:雷電、究極タイガー、Strikers1999のハリアーなど)

  •  達人ボム
    攻撃判定 ○ / 無敵 ○ / 弾消し ○ / 即効性
    ボムボタンを押した直後に発動し、広範囲に攻撃判定を発生させつつ弾消しと無敵によって自機の保護を行うもの。緊急回避としての仕様が可能で、ボムといえばこれを指している場合が多い。(例:達人、怒首領蜂、Zing Zing Zip、サンダードラゴンなど)

  •  宙返り
    攻撃判定 × / 無敵 ○ / 弾消し × / 即効性
    カプコンの1942の宙返りように即効の緊急回避用途だけが与えられているもの。他シリーズで見かけることはあまりないが、Strikers1945IIではオマージュ的に無敵効果発動のグラフィック演出に用いられている。

  •  支援機
    攻撃判定 ○ / 無敵 × / 弾消し ○ / 遅効性
    ボムボタンを押すと(主に)画面後方から支援機が登場し、敵弾に対する盾となりながら攻撃支援を行うもの。支援機に耐久力がある場合(例:大旋風)と一定時間で支援を終えるもの(例:Strikers1945IIのライトニングやパンケーキ)がある。分類項としては雷電ボムのそれと同じだが、効果範囲や持続時間の点で戦略性が異なってくる。

昔のボム

Williams のディフェンダー、Atariのアステロイド? といった黎明期のシューティングでは、 緊急回避手段はボムではなくワープ(Hyperspace)であることが多かった。 回数に制限はないが、より危険な状況になるリスクもある。

ボムがある場合は全画面効果型のsmart bombで、1ゲーム1回・1面1回のみなど、 使用回数の制限が厳しい。

日本製ではタイガーヘリにボムが搭載されている。 攻撃判定 ○ / 無敵 × / 弾消し ○ / 即効性

PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.2.17